• yurisasaki9

Mihkel Annus ~若きエストニアの起業家~ Mihkel Annus: The Young Estonian Entrepreneur

最終更新: 2019年12月25日


マイケルはつい先日エストニアの高校(Tallinna Saksa Gümnaasium)を卒業したばかり。卒業後はドイツのバイエルンにある大学に進学し、更に勉学に励むまだ18歳の若き起業家。そんな彼に今回話を聞くことが出来た。

I’m Mihkel, 18 from Tallinn, Estonia. Last week I graduated from the Tallinn German Gymnasium (Tallinna Saksa Gümnaasium) high school and am aiming to continue my studies at a university in Bayern, Germany.

マイケル・アニスとは?(Who is Mihkel Annus)

マイケルは、定期的に部屋の模様替えをしたくなるほど、常に変化を求める性格。世の中には、数えきれない様々な問題が毎日繰り返し起こっている。マイケルはそんな世の中を変えたいと考えており、そしてきっと本当に変えてくれる頼もしい存在になるだろう。

「自分は完璧主義者だ」と語るマイケルの今後の活躍が楽しみで仕方がない。

I’m the person who never settles with the status quo. I’m the guy who reorganizes his room every couple of months. I’m a perfectionist although it can get tough in the real world. I like to solve problems which affect a large proportion of us. And there’s an unbelievable amount of problems in the world, so why not start now?



開発しているもの(What’s “PLYKE”)

そんな若き起業家マイケルが、今開発している主なものは「PLYKE」だ。「PLYKE」とは、自転車と歩行者を繋ぐ、新しいタイプの自転車のベルのことである。

従来のベルは、事故を防ぐための大きな音だけに特化していて、歩行者を驚かせてしまっていると気づいたマイケルは、2018年10月、友人らとチームを形成し、ベルの開発に挑んだ。

自分たちが成功するかわからなかったマイケルたちは、とにかくがむしゃらに進み続けた。その結果、ここには販売された1ダースのベルと、プロトタイプ(※試作品)がある。彼らはこれから「PLYKE」が全てのハンドルバーに対応でき、自転車と歩行者を繋ぐ、より良い未来に向けて更に突き進んで行くのだ。

PLYKE is a bicycle bell, which fixes how bicyclists communicate with pedestrians. The current bells are too loud and can scare pedestrians, while paving a way for potential accidents. Last October, I decided that it’s truly a problem that needs fixing. Alongside with my classmate Aleksander and another guy from my athletics training years, we founded a student company to have some kind of a platform to experiment and try to make the at first unimaginable bell a reality. At that time we didn’t know whether we’d succeed but we decided to go for it anyway. And now, here we are with working prototypes and a dozen sold bells. And we’re not going to slow down, we want to get the bell on every handlebar possible and fix the way how bicyclists speak to pedestrians.

なぜ作ろうとおもったか(Why do you want to make a new bicycle bell?)

ではなぜ、マイケルはこの新しいタイプのベル「PLYKE」を作ろうと思ったのだろう。全ての始まりは、マイケルの個人的な問題からだった。

そもそもマイケルは、従来のベルは音が大きすぎて好きではなく、実際には使っていなかったそう。そこで彼は「もう少し音を小さく、しかし歩行者に気づいてもらえるような音のベルを作ろう」と、開発に望んだのだ。

この「PLYKE」は歩行者を怖がらせずに、高速道路の側でも聞こえるような独特な音を出すことができる。マイケルが開発した「PLYKE」は、新たな自転車のベルの歴史の幕開けとなるに違いない。 It all started with a personal problem. I didn’t like my old bicycle bell at all, its sound was so bad and shrill that it actually kept me from using it because I didn’t want to pretty much scare people with it. So I realized the sound could be made much better when it would be a bit more quiet. But at the same time, it obviously needed to be heard. So our PLYKE bell features sounds at a unique level that are heard even next to the highway but also don’t scare the pedestrians. 他との違い(diffrent with other )

「PLYKE」は他のどのベルよりも、デザイン性と機能面で独自の存在感を放っている。ベルが付いていると思えないほどの、ハンドルバーと一体化するようなデザイン。「PLYKE」は、ハンドルバーをハンマー代わりにすることで音を出しているため、清かな“PLYKE サウンド”を響かせることができる。

そして一番の違いはパーツの数。今までのベルは一つの(不快な)音を鳴らすのに、15個ものパーツを使用していたが、"PLYKE サウンド"を作り出すパーツはたったの3つ! この3つのパーツだけで、他とは違う清かな音を作り出せるのは世界にたった一つ「PLYKE」しかない。

The PLYKE bell is unique in terms of sound, design and functionality. With the generally more pleasant sound comes the design, which was made to be as minimalistic as possible. It helps the bell visually join the handlebar and kind of stay invisible on it. The PLYKE bell makes its sound by having the handlebar as the hammer. The metal is hit against the handlebar, which creates the distinct PLYKE sound. And whereas classic bicycle bells need about 15 different parts to make one (unpleasant) sound, PLYKE achieves an even better sound with just three (!). 値段(cost)

肝心の「PLYKE」一つあたりの値段だが、まだ明確には答えられないが、一つ15€前後(日本円で約1,840円)で考えているそう。しかし、もっと価格を抑えられるなら、可能な限り抑えたいと語っている。

It can’t yet be said for sure but we will try to keep the price around 15€ and when possible, lower than that.

「PLYKE」のこれから(Plans for the future?)

マイケルたちは現在、「PLYKE」を全ての自転車のハンドルに使えるよう、クラウドファンディングに向けて準備をしている。そしてその後は、世界に出荷するつもりだ。

マイケルの商品が世に出回るのも、そう遠い未来ではないだろう。

We want to get the PLYKE bell on every handlebar possible. For that, we’re currently heading towards crowdfunding and after that we want to start shipping worldwide. Our Facebook or Instagram page:

Facebook

Instagram

“今ある物を再開発する”それはもしかしたら、自分自身にも言える事なのかもしれない。マイケルを見ていると、自分の中に眠っていた“やりたかったこと”が冬眠から目覚め、大地に根を張り、イキイキと空に向かって進んでいけるような気がしてくる。

「失敗を恐れず、世界をより良いものにしたい」そう思う若き起業家の熱意は、大人たちだけでなく、同年代やその下の世代の子供たちにも良い刺激になるに違いない。

そんな彼の今後をワクワク・ドキドキしながら一緒に楽しんで、成功に導いていけるよう、我々も全力で進んでいこうと思う。