• Lily

お一人様で映画に行ってきたけどなにか?In エストニア My Solo Adventure to the Cinema in Estonia

最終更新: 2019年9月2日

皆さま!アラジンの実写化は見ましたか!!!🧞‍♂️

私、やっと観れました!3Dで!しかもエストニアで!


お仕事で来ているのにちゃっかり、、エストニアについて初日に、映画館に行ってアラジンを観てきちゃいました。だって、観たかったのです笑(もちろん仕事もちゃんとしていますよ)


Hello everyone! I went to the cinema to see the Aladdin Live-Action film!

I finally got a chance to see it in 3D ー in Estonia!

Although I came to Estonia for work, I went to see Aladdin on my first day because I really wanted to see it! (Of course, I am also working hard!)



知り合いはまだ誰一人居ない時だったから、一人で行って来ました。どこに映画館があるのかも、チケットの買い方もわからないのに💭


This was at a time when I still hadn’t made any friends, so I went by myself. There must be a cinema around here, I thought to myself. I also had no clue how to purchase tickets.💭



まずは映画館をグーグル先生に聞いて、ありました!近くに!Coca-Cola Plazaという所です。とりあえず足を運んでみました。


I started with a quick search on Google and there happened to be a cinema close by in a place called Coca-Cola Plaza so I headed over.




おおちゃんと映画館だ!(当たり前)

次に、チケット売り場を探しました。しかし、みんなチケットをオンラインで発行しているたいで、なかなか見つかりません。しばらく探していたら、、、


And there it was! (Of course). Next: tickets. I searched for a ticket machine. Everyone else seemed to have purchased their tickets online, so I had trouble spotting where to buy tickets.



ありました!


有人窓口を見つけたので、窓口の人に「アラジンを3Dで観たい」と伝えました。「学生証もってる?」って聞かれたので学生証を出したら、、なんと学生割引されて6,5€(=¥800)になったのです!

安すぎませんか!??3Dでですよ!


Eventually, I noticed the ticket counter.

I went over and asked for tickets to see Aladdin in 3D. Upon being asked if I was a student, I presented my student card and the ticket came to just 6,5€. I was so surprised to see such a cheap ticket price for a 3D film!


チケットが出てくるのを待っていたら、「レシートに入場用のバーコードも付いているので、それを使って入ってください」と言われました。


As I was seen waiting for my ticket to be printed, I was told to use the barcode on the receipt to enter.



たしかに紙の節約。

そして、「一人だけどお腹すいたなー、ポップコーンでも買おうかなー、でも一人でポップコーン持ってるの恥ずかしいなあ」って日本人感を出しまくっていました。

でもとりあえず見に行ってみよう、とお店の中に足を踏み入れた瞬間・・・


????


What a great way to save paper. I started to get a bit hungry and I really wanted to buy some popcorn, but the thought of walking in with a whole bucket of popcorn to myself was quite embarrassing. This was my Japanese side speaking. However, I quickly pushed that embarrassment aside and headed to the snacks counter...



ポップコーンがコンビニの飲み物たちのように店頭に並んでいました!こんなポップコーンの売り方しているのは初めて見ました😳


そして、セルフドリンクバー?みたいなところが

ポップコーンもドリンクバーもどう買うのかが分かりませんでしたが、「これはどうやって買うのですか」なんて恥ずかしくて聞けなかったので、ソファーに座って他の人が買っている様子を観察していました。



子どもも大人も、どんどん買っていきます。。。


What!

The popcorn was being sold just how a Japanese convenience store sells drinks. This was the first time I had ever seen anything like this. 😳There was even a self service drink bar! I had no idea how to use it, and it was too embarrassing to ask, so I sat on the sofa and watched others to see how it was done. Adults and even children seemed to know how things were done and continued on with their day.



観察結果、ポップコーンも飲み物も自分で取って、レジに持っていく様です

よしやってみようと立って意気込んだものの、やっぱり一人でポップコーンを抱えて歩くのは恥ずかしいし、どのフレーバーかもわからない。だから、飲み物だけ買ってみることにしました!


Results of my study showed that you take the popcorn by yourself and then pay at the register. As I sprung to my feet with enthusiasm, the embarrassment kicked in again. The thought of walking up to the register with popcorn all to myself was just too much. I also wasn’t sure what the flavours were, so I settled on just getting a drink instead!



好きなサイズのカップを取って、ボタンを押して入れるだけ!簡単!

てなわけで飲み物を手に入れた私は、Screen8という場所まで向かいました。

入ってみると、学校の遠足で来たみたいな集団の子ども達が半分くらいぎっしり!

いそいそと、一番後ろの席にに座って眺めていたら、、、

!??


I selected a cup that was of satisfactory size and then pressed the button to pour my own drink. How easy! Drink in hand, I headed to Screen 8 to see Aladdin. Upon entering, I noticed a big group of children packed tightly together on what looked like a school trip. I chose a seat right at the back and settled down, until…


子ども達が何を話しているのか、なぜか聞き取れる時がありました。

と言うのも、エストニアはエストニア語が母国語で(都市のほうだったり、若い世代は英語も話せます。)

なので、基本的にエストニア人同士の会話はエストニア語です。なのに、なぜ聞き取れるんだ??って注意深く聞いてたら、なんとその子たち、英語とエストニア語織り交ぜて話してた!


What is this!

I realised that I could understand snippets of what the children were saying! Although their mother tongue is Estonian, it seems that the younger generation can also speak a fair bit of English. They were speaking mainly Estonian, but from time to time they were weaving between the two languages and mixing them together.


(その後、エストニアで教師をしてる人に聞いた話なのですが、若い子ども達は映画やアニメを常に英語で見るので、中には英語の方が上達する子どももいるのだそうです。)


Afterwards, I got the chance to ask someone who is a teacher in Estonia why Estonian children can speak English, and they answered that from a young age, children watch films and cartoons mainly in English, so there are children whose English improves greatly as a result.


そして映画の感想は、、もう観てくださいっ!て感じで省略しますが。(ちなみに、ジャスミンは私にとって小さい頃から一番のお気に入りのプリンセスです)


As for my movie review, you should definitely watch the film ASAP! (By the way, Jasmine has always been my favourite princess from when I was little.)



二人が結婚するシーンで子ども達が一斉に拍手して口笛鳴らしている子もいて、それはもうめちゃくちゃハッピーな気分になりました!周りの大人たちもそれはもう全力で


友達が、この間日本の映画館で、“ゴジラ”を見た時のことを話してくれました。最後拍手をしたいくらい感情が高ぶったけれど、できなかった。日本の普通の映画館ではそんなことができる雰囲気ではなかったそうです。「感情に素直になる世界がもっと増えたらいいのに」なんてつぶやいていましたが、まさにそれを体現している空気がエストニアにはありました。


During the marriage scene, the children started to clap and whistle because they were so happy and this excitement rippled throughout the room.


My Japanese friend once told me about the time that they went to see Godzilla in Japan. The ending was so overwhelming that they wanted to clap but just couldn’t do it because Japanese cinemas just don’t have that kind of atmosphere. I would love it if more people honestly expressed their feelings of excitement more openly, I thought to myself. This was a wonderful experience of an Estonian atmosphere.



そんなこんなな、エストニアの首都、タリンでの一日でした。ここまで、読んでくれてありがとうございます!下のハート押してくれたら次の頑張りになります!


That was my day in the capital city of Estonia. Thank you for reading this far. If you click the heart below, it will add to my motivation for my next blog entry!