• 上坂茅穂

ロボットワークショップ in大館

2019年3月23日、秋田県大館市で小学生を対象にしたロボットワークショップを行いました!


Live your dreamsにとって初の試みではありましたが、日本サードパーティさん、獨協医科大学の坂田先生、大館市の教育委員会や地元の大学生、中学生にご協力もあり、良い形で終えることができました。ありがとうございました。



ワークショップには、大館市の3つの小学校から7人の小学生が参加がしました。


ヒューマノイド型ロボットNAOやロボホン、aiboなどの様々なロボットと遊ぶことを通して、はじめましての子どもたちが仲良くなっていく様子が印象的でした。



ロボットやプログラミングソフト「Choregraphe」に慣れ親しんでもらった後、「ロボットが人間社会に馴染んだ近未来の日常」をテーマに寸劇を作ってもらうという課題に取り組んでもらいました。


子どもたちは、「風邪を引いたときにNAOが薬を代わりに買ってきてくれる」というテーマや「野球をしたいけど人数が足りないときに、NAOが友達として一緒に野球をしてくれる」というテーマで劇を作りました。

このとき、NAOがどのように動いて、どのような言葉を発するか。子どもたちは紙を用いながら、ブロックを組み立て、プログラミングしていきます。





人間とロボットが一緒に寸劇をする姿。子どもたちはロボットのNAOがジョークを言ったり、ミスをしたりと、ロボットは完璧に物事をこなすという固定概念を持たず、人間味のあるNAOを作り上げている姿が印象的でした。

また、子どもたちは自然とロボットを使うことによって世の中の小さな課題を解決することを考えたテーマ設定を行っていました。課題を見つけ、考え、解決していく。ロボットがいることで可能になる未来をイメージしながらプログラミング的思考を育んでいきます。


子どもが終始目を輝かせながら活動し、大人や協力した学生も楽しんでいる様子が伺えました。


今回のワークショップでは多くの気付きがありました。

気づきをこれからの活動につなげていけるよう、今後とも、Live your dreamsの仲間と活動していきたいと思います。


応援よろしくおねがいいたします!

0回の閲覧